徳島コンベンションサポート

home

主催される方へ

徳島県情報関連サイト

徳島県のおもてなし

徳島の伝統工芸

wasanbon.jpg

阿波和三盆糖

竹糖という品種のサトウキビを原料に伝統的手法で作られてきた数少ない国内産の砂糖です。豊かな風味を持つ阿波和三盆糖は、全国の高級和菓子の甘味として欠かせない存在となっています。洋菓子や料理にも用途を広げています。

washi.jpg

しじら織り

阿波しじら織りは明治時代の始めから作られ、シボという独特の凹凸は、縦糸と横糸の本数と組み合わせによる張力差によって出来てきます。肌触りがよく、軽くて着やすい綿織物で、細かなシボにより汗をかいても肌に張りつかず清涼感があり、夏の衣料として最適です。

sijira.jpg

阿波和紙

阿波和紙は、今から1300年ほど前、阿波忌部氏の祖先が阿波国にきて、紙や布造りに取り組んだことが始まりと言われています。江戸時代には、藍や和三盆糖とともに生産が盛んになりました。水に強く破れにくく、薄くて軽い阿波和紙の優れた特性を活かして、パソコン用の印刷用紙なども作られています。

take.jpg

竹人形

阿波おどりの威勢のいいお囃子が今にも聞こえてきそうな竹人形。県産の竹を使い、手作業で作られる人形は、ひとつひとつの動作や表情に特徴があり、阿波おどりの躍動感を見事に表現しています。

otani.jpg

大谷焼

大谷焼は大型の睡蓮鉢などが有名で、「寝ろくろ」という独特の技法で作られてきました。最近は、大型の焼き物だけでなく、土のもつ温かさや民芸調の素朴さを生かした身近な実用品や、インテリア製品なども数多く作られ、人気を集めています。

aizome.jpg

藍染め

徳島県の藍染めは、阿波藍を原料にして、醗酵建てという方法で染められます。「青は藍より出でて藍より青し」の言葉どおり、藍染めは洗うたびに深く味わいのある風合いをだします。徳島では、着物だけでなく、洋服や日用小物、アクセサリー、インテリア製品なども作られています。

PAGE TOP